飾れる場所

伝統的な雛人形

お正月飾りは男の子の場合破魔弓を飾ることが一般的です。男の子が弓矢で的を射て年占いを行ったのがのちに破魔弓となったといわれています。魔よけや厄払いのお守りとして、男の子の元気な成長を願ってお正月に飾ることが多くなりました。そして昔から親ではなく祖父母や親戚が生まれて始めての初正月におくるという習慣が今でも見られます。毎年12月中旬から1月15日ごろに飾るのがよいとされているので、大安など日が良い日を選んで飾りましょう。 飾る場所は昔から床の間に飾ることが一般的でしたが、現在の住宅事情から床の間がない家も多くなってきており、その場合は厄払いの意味で子供の寝室に飾る場合や、みなにみてもらいやすい場所にかざる場合もあります。

破魔弓と呼ぶことが多く、破魔矢はお正月に神社で頂くものというイメージが多いかも知れませんが、地域によっては破魔矢が破魔弓と同じものをさすこともあります。元々お正月に神社で頂く破魔矢も弓で射ることで邪気をはらうとされています。一般的に見かけるのは矢のみのものがおおくなっています。 この由来も男の子がお正月にかざる破魔弓と同様悪いものを払う意味合いです。 破魔弓の種類も多数あり、弓や矢の本数は様々です。また塗りや材質などでも金額もかなり違ってきます。もちろん大きさも様々です。最近はオルゴールがついたものなどもあります。今は床の間がない家も多いので、飾りやすいタイプなど送る場合は大きさなども相談したほうがよい場合があります。